仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

株式会社EXIDEAは、世界水準を追求し、デジタルマーケティングの提供をしている会社だ。自社開発サービスであるSEOツール「EmmaTools™」、動画マーケティング「CINEMATO」といったオーセンティックなコンテンツマーケティングに加え、複数のWEBメディア運営を強みに、世界中のマーケティングツールと提携している。今回は、学生時代からインターン生として活躍し、現在は同社取締役を務める瀬田さんに話を聞いてみた。

瀬田さんが大学生だった頃

学生時代は何をしていましたか?

大学3年生までは、正直、なんもしていないです(笑)。野球サークルに入って、飲食のアルバイトをして、遊んでいただけの学生生活でした。大学3年生の後期からは、1年間休学してアメリカ留学に行きました。留学を決めた理由としては、母親が20歳でアメリカ留学に行き、英語を使った仕事をしていたこともあり、物心ついた頃から、漠然とグローバルに働きたいと思っていたからです。極端な話をすると、日本語だけしか話せなかったら、1億人強の人としかコミュニケーションが取れませんが、 英語が話せたら、世界70億人の人とコミュニケーションが取れます。また、アメリカは英語圏でありながら、「人種のるつぼ」と言われるほど、多種多様な文化・人種が集まっていることも魅力でした。そして、帰国後に、現在も働いている株式会社EXIDEAでインターンシップを始めました。

インターンシップを始めたきっかけを教えてください。

グローバルで日本を発信できること=WEBマーケティングをやりたいと思っていたからです。日本は世界の中でもとても魅力的な国だと思うのですが、物価が高いという難点があります 。日本のモノをもっと安く提供し、日本の魅力をもっと世界にも知ってもらうために、ずっと民泊サービスをやりたいと思っていました。そんな時に、とある学生イベントに参加し 、Airbnbという民泊サービスが既にあることを知り、めちゃくちゃ悔しかったんです。すごいなという気持ちよりも悔しい気持ちでいっぱいでした。私も実現しないと見えない世界を見てみたいと思った瞬間です。 そんな中で、グローバル×世界最先端というキーワードでインターンを探していたら 、EXIDEAに出会いました。

学生時代にやっておいて良かったことはなんですか?

インターンシップですね。大学は文系の観光学部だったのですが、学費を払って大卒ブランドを手に入れるために単位を取っていたようなもので(笑)
もちろん学ぶことで感性が豊かになりますし、大学に行ったこと自体は良かったです。しかし学びのための学びと言いますか、実社会で活躍するための講義は少なかったですね。
それに比べて、EXIDEAでは非常に学ぶことが多く、WEBメディアの運用を通して、WEBマー ケティングについて沢山のスキルを身に付けることができました。めちゃくちゃ働いた自負がありますし、それで人生が変わりました。 また、スキルセットはもちろんですが、人間的な成長を猛烈にできたのが、最大の学びですね。

入社の経緯

新卒でEXIDEAに入社された経緯を教えてください!

インターンで働いていて、そのまま新卒で入社することに一点も違和感がなかった 。それだけです。

インターンとして働くことと、社員として働くことのギャップはありましたか?

全くありませんでした。元々、EXIDEAではインターンも社員も同じ大切なメンバーとして見ています。そのため、インターンとしての最終出社日が3月31日、正社員としての初出 社日が4月3日だったのですが、3月31日とやっていることは良い意味で変わりませんでした (笑)

(就活生に向けて)貴社の魅力ベスト3

1. DDO(発達指向型組織)であること

弊社の特徴は発達指向型組織であるところです。発達指向型組織とは、日々の仕事を通して、社員やインターン一人一人の進化を目指す組織文化です。スキルの成長ではなく、人格の発達や心の発達を重要視していて、人生を豊かにする為の自分らしさを掴める会社作りを日々意識しています。

2.本物の自分らしさを掴めること

本物の自分らしさを掴めます。

例えば、素直になろうということも、「素直でなきゃいけない」「素直になれず、過去に嫌われた」みたいな思考から生まれていたとしましょう。そうすると、「素直にならないといけない」という強い強迫観念みたいなもので「素直」という本来ポジティブなこともネガティブな要素も混じって見てしまいます。そういった固定観念やトラウマなど、本物の自分ではない部分と向き合い、それを取っ払っていく作業をすることで、本物の自分らしさを掴み取れます。

私は、自分ではない何者かに囚われている、活き活きしていない状態の人が非常に多いと考えています。しかし、EXIDEAでは、本物の自分らしさを掴むことができ、人生がより自然体で、温かい心で、そして豊かになると考えています。

また、人間は本来貢献したいと思う生き物らしいので、本物の自分になると、ネガティブな感情からきた自己中心的な思考ではなく、地球・社会・ユーザーについて心から考えられるようになります。そして、外向きの仕事ができるようになります。外向きの仕事が出来るようになれば、自ずとスキルも身に付きます。

そのため、弊社では1年半もあれば、WEBメディアのプロフェッシャルに必ずなれます。心のあり方を重視しているからこそ、スキルが圧倒的に伸びるというサイクルが出来ているのです。

3.グローバルに仕事ができること

常に問題は目の前だけでなく、地球の裏側でも起きているのではないか、というグローバルな意識を持って仕事しているところも弊社の魅力です。つまり、世界最先端のノウハウを追求することと、同じ悩みが世界のどこかにあるなら「仕組み」を作って世界を舞台にグロースハックするという社風が身に付いてきます。

貴社に合いそうな学生像(こんな人に入社して欲しい!)

「THE SHARE」という弊社のコアバリューを体現できる方は、弊社にあっているのではないかと思います。「THE SHARE」とは、言葉の頭文字からなる、thanks(感謝)、happy(幸せ)、enjoy(楽しむ)、Sincere(誠実)、Humble(謙虚)、Altruistic(利他的)、Responsible(責任)、Enthusiasm(情熱)を基にした8つの行動指針を示したものです。

ミマクルを使う学生へのメッセージ

自分の人生を生きているかを常に自分に問いて欲しいです。自分でないものに囚われて いないかを見極め、納得のいく人生を歩んでいくために、様々な選択をしてほしいと思いま す。そのために仕事があると思っているので。

そして、その選択の一つがEXIDEAであったら嬉しいです。

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの本:
「①アルゴリズムフェアネス② メンタルモデル」
①人は様々なアルゴリズムに支配されていて、アルゴリズムがもたらす未来について書いた本 です。② 少し難しいかもしれませんが、自分の内面はどういうものかを知るきっかけになる面白い内 容になってます。
この人の話が聞きたい

タグ #デジタルマーケティング の記事