仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

山本さんの学生時代

どのような学生生活を送っていましたか?

山形大学に通っていたのですが、ここで自分が生きていけるのかというぐらい雪に見舞われました(笑)。高校から大学って人間関係や学ぶことなど環境の変化が大きいじゃないですか。その中でも高校が沖縄だったので自然環境が違うというのは大きかったですね。大学では生物学を専攻していたのですが、ブレイクダンスのサークルに注力しており勉強は単位を落とさないギリギリでやるというような学生でした。

ブレイクダンスを始めたきっかけはなんですか?

昔、「めちゃ×2イケてるッ!」というテレビ番組でナインティナインの岡村さんとガレッジセールのゴリさんがダンスバトルをしていて、それを見て興味を持ち本格的に始めたという感じです(笑)。僕らの世代は同じ理由で始めた人が多かったと思います。

大学時代やっておけばよかったことはなんですか?

いろいろなコミュニティに属していれば良かったなと思います。振りかえってみて、ダンス以外の人間関係を構築していれば、大学時代にやりたいことが見つかったのかなと思います。特に就職活動のときにそれを感じて、就職活動をしながらやりたいことを探す、そんな感じになってしまったんですよね。もっと自分の見えている世界を広げながら学生時代の中でやりたいことを明確にしていれば、就職活動もより効率的なものになったのかなと今振り返ると思いますね。

大学時代やっていて良かったことはなんですか?

やはり、ブレイクダンスに力を入れていたことですね。私も人事部に配属後、長くはないのですが、いろいろな学生さんとお話をさせていただく中で、学生時代に何かを成し遂げたっていう自信を持ってる方からはエネルギーを感じますし、打ち込んだことが何か1つあるっていうのは凄くいいなと今でも思います。過去頑張れた自分がいるので、仕事で何かあっても「よし頑張るぞ」と切り替えることができますね。頑張れた自分というのが自分の中にあるだけで全然違うのではないでしょうか。

山本さんの就活生時代

どのような軸で就職活動していましたか?

そこで楽しくやっているかということを見ていましたね。受け答えしていく中で人事の方の雰囲気や媒体になっている就活サイトなどを見て、社員の方が楽しく仕事をしているかといったところは気にしていた記憶があります。業界はメーカーを主に見ていて、何かを生み出して発信していくというのが凄くいいなというような思いはありました。今だとITやコンサルなどもあると思うんですが、何か形があるものを作ってそれを人に届けていく、というのが僕にとっては仕事している!と実感できそうだったので、メーカーに絞っていました。

今の会社に決められたきっかけは?

就活中にお話しした社員の皆様がとても人当たりが良く、「この人達が楽しそうに仕事してるから楽しい会社なんだろうな」と思ったのと、個人的にカラオケが好きなので自分の好きなものを発信できるということが決め手になりました。

御社の社員の方はカラオケが好きな方が多いですか?(笑)

実は嫌いな人もいますが、軸の違いだと思います(笑)。僕自身はカラオケが好きということで入ったんですけれども、自分らしい生活を送れる勤務体系に魅力を感じた方もいますし、厳しい複占市場を勝ち取っていくことにやりがいを見つけて入ってくる方もいらっしゃいます。

学生時代にどういう経験をされている方が多いですか?

学生時代に「これをやったぞ」っていうものがある方が多いですね。例えば水泳で全国大会に出場したなど運動系で実績を残した方もいれば、100人くらい人を集めて大規模な女子会みたいなものをやっていた方もいますね。思いを積み重ねて実現してきた経験がある方がとても多い気がします。

貴社の魅力

カラオケって好きだけど知らないってことが多いと思うんですよ。2019年に発売した機種だとライブビューイングが観れたりとか、アーティストのミュージックビデオを配信していたりとか、歌うだけでなく観て楽しんだり聴いて楽しんだりもできます。普段カラオケを利用しているだけだと気付かないことを知ることができるというのが、カラオケ好きの人にとっては弊社の凄くいいところだと思いますね。あとは、親会社が凄く大きなところというのもあり人間関係の部分ではコンプライアンス、ハラスメント対策等にも力を入れて取り組んでいるので、就業環境が良いというのがあります。あとはエンターテイメント領域の会社なので、エンタメキャッシュバックという福利厚生もあり、映画やライブを観に行ったりすると5,000円までをバックしますという仕組みがあります。

貴社に合いそうな学生像

直販営業部という夜にお酒を飲んで楽しむような場所に対して営業する部門があります。そこは勤務時間が午後出勤で夜まで働くという勤務体系になるので、逆に朝が苦手だという人はその部門で活躍していただければと思っています(笑)。その部門ではない開発やスタッフ系の方々は新しい情報にアンテナ立てている人、新しいもの好きな方が向いています。特に自分で発案して、積極的に動きたいという方は是非、応募して頂きたいと思っています!

ミマクルを見ている学生へのメッセージ

自分自身は数多くの企業に申し込みをして、スケジュール帳をパンパンにして…というような就活をしていたんですけど、そうなると自分が何をしたいのかというのがブレてしまって苦しんだ記憶があるんですよね。そこから会社を絞って、自分の軸っていうのを大切にしながら就職活動をするようになってからは、凄く楽になったし自分らしさを出せるようになりました。今の学生さんはもしかしたら数を受けるような就活はされてないかもしれません。いずれにせよ、その中で本当に自分がやりたいことは見失わないようにしていただきたいですね。例えば面接で自分を良く見せて受かっても自分にフィットしない会社だと入社してから苦しいだけなので、本当に自分に合っているのかというのをちゃんと見た方がいい気がします。だからこそ学生時代にいろいろな経験をして、自分のやりたいことを明確にしておくことは大切なのではないかと思います。

この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事