仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > その他

お二人が大学生だったころ

お二人の学生時代についてお聞かせください。

大学から始めたゴルフ部に所属し、週2回練習をしてコースを回っていました。バイトはうどんなどの和食店の厨房で3年間、あとはキャディのバイトをしていました。主にゴルフとバイトに力を入れていた生活でした。
厨房の仕事は土日の忙しい時間帯にうどんを湯がくタイミングとか、提供が遅くなってしまうなど大変な事もありましたが、楽しかったです。

芸大でシルバーアクセサリーを作っていました。銀を溶かし型に流すという作業の為に大学の工房に朝から晩までいました。教授からお酒とカレーの差し入れを貰ったりしていましたね(笑)。銀を買うのにお金が必要なので週6で食品レジのバイトをしていました。このバイトは高校から続けていて時給が良いのでやめられませんでした(笑)。年末年始に神社で巫女のバイトもしました。
好きなことをしていましたし、周りもいい方だったので充実していて楽しかったですね。

バイトやサークルの経験は社会人になって活かされていますか?

ゴルフはお客様とゴルフコミュニケーションができたので、取引に上手く活かせました。バイトも話題作りという点で営業活動に役立ちましたね。

1つの作品制作に2・3カ月かかるので、1つのことを長く続ける力が身に付きました。仕事でも投げ出さずに最後までやろうという姿勢に繋がっていると思います。

学生時代にやっておけばよかったことはありますか?

バイトをもっと経験していれば今に活かせたかなと思います。海外旅行にも時間のあるうちに行っておけばよかったな。経営学部だったのですが勉強もやっておけばよかったなと思いますね。

1~2年の時にはサークルに入っていましたが、3年からは制作と両立できなくて辞めてしまいました。もっとたくさんのサークルに入って色々な人と接しておけばよかったと思います。

お二人のキャリアについて

就活の企業選びの軸は何でしたか?

やりたい事がなかなか決まらず、今のように就活サイトの無い時代だったので、家にハガキが届いた企業を見に行ったりしました。バイトが忙しくて就活を目一杯やっていなかったですね。自分は営業職だろうなとは漠然と思っていました。特段業界を絞らずに、機械メーカーや家の設備のメーカーなど色々見ました。

できれば人と接する仕事、特に子供に接する仕事がいいかなと思い企業選びをしていました。テーマパーク内の仕事や写真のスタジオなどを見ました。
一番の軸は「子供と接することのできる仕事」と「自分の好きなもの」で、説明会にどんどん参加し、会社の雰囲気などを見ました。最終的には美術を活かし高校の美術の教師になりました。

お二人とも転職されているそうですが、トヨタレンタリース兵庫を選んだ決め手を教えてください。

1社目は合わずに半年で辞めました。弊社に転職してかれこれ20年になります。転職の決め手は、車好きという事、自分が世の中のことをわかっていないと気付き、色々な会社の人と話のできるカーリース(企業が客先なので)で世の中や企業について勉強しようと思った事です。

教師として、自分は一般常識・社会常識が身についていないと実感しました。このまま高校生に接し続けていくのは生徒にも自分にもプラスにならないと考え、どこか自分を鍛えられるところはないか探しました。研修制度のしっかりした企業という事で大きめの企業を探して、見つけたのが弊社です。

今までのキャリアを教えてください。

前職は医療機器の販売でした。弊社ではカーリースの法人営業を17年やって総務部に異動しました。ずっと営業を続けたかったわけではなく、総務など社内の業務をしたい気持ちはありました。異動は突然でしたが。

法人営業の業務と人事採用ではギャップはありましたか?

非常に大きくありました(笑)。営業でやってきたことは実務においては役に立ちません。法律的な事や覚えなければいけない事が多いです。ですが、総務は色々なお客様や業者の方とコミュニケーションをとる事が多く、その点では、営業の経験が活かされていると感じます。

営業で取引先と接するのと採用で学生と接するのと気を付けていることはありますか?

接する相手が企業の場合、先方が売り込みに来ている立場なので、営業の気持ちがわかる反面、弊社のプラスになるか見なくてはなりません。
相手が学生さんの場合、こちらが採用する立場です。この子だったらうちに合うかな、貢献してくれるかな、と見ていきます。人は財産であると同時に経費でもあるので両面で見るように接しています。

今までのキャリアを教えてください。

3年間高校で非常勤の教師をし、美術の授業で200人ほどを教えました。授業内容も手探りで大学に頼ったりしてやっていました。
2年目の終わりから転職活動を始めました。まず弊社にバイトで入り、教師をしながらバイトして中途採用されました。本当はレンタカースタッフを希望していたのですが、空きがあるからと経理に配属されて、一から勉強して数字とにらめっこしながらやってきました。昨年採用担当になりました。

本来やりたかったレンタカースタッフに今後なりたいですか?

事務仕事を自分なりに楽しくやっていると思うので、今は希望しません(笑)。

転職後、いい意味でも悪い意味でもギャップがあったら教えてください。

変な先入観を持たずにいこうと入社したので、驚くほどの事はなかったと思います。強いて挙げれば、「トヨタ」ではありますが、完璧な状態ではなく、色々な所で改良の余地があると思いました。いい意味で、未完成なお陰で頑張れば変えられる可能性があるという事です。全てにおいてまだまだできる事があるということにやりがいを感じましたし、皆で力を合わせて出来ればいいと思いました。

会社というのは上下関係が厳しいというイメージがあり、上には言いたい事が言えないのだろうと思っていました。弊社はこちらが言うと上司が聞いてくれますし、「これは伝えないと」ということを溜めずに言うことができるのが、いい意味でギャップでした。上の方も気にかけてくださって意見が言いやすいです。
色々な年代の方が働いていますので、20代の考えが先輩社員に通じない事があります。(特に連絡の方法)PCやSNSに詳しい方には通じているようなので個人差かもしれませんが、「私は充分だ」と思っていることでも先輩社員にとっては「不充分」とみなされることがたくさんあることにはギャップを感じました。
早く終わることでも、順番や方法をまだまだ大事にしなければいけない部分はどこにでもあると思うので、「面倒だ」と 思わず個々ですり合わせてミスのないように努めています。

貴社の求める人物像

貴社が求める学生像を教えてください。

レンタカー店舗スタッフとカーリース法人営業スタッフの2部門で募集しています。どちらも接客なので、人柄、感じのいい人を求めています。学歴に関係なく人を見て判断しています。
兵庫県に事務所があるので、地元で働きたい人。元気で明るい人。店舗スタッフは車の準備など意外と体力がいるので元気な方人がいいですね。

貴社の魅力ベスト3

・社内の雰囲気が変に堅苦しくなくて、特に店舗はチームでやる仕事なので仲が良いです。1つの店舗・部署が孤立しているのではなく、店舗間・部署間でやり取りすることが多いのも魅力です。離れている店舗とも社員旅行やBBQや組合などで集まれる機会があり、色々な人と会えるイベントの仕組みがあります。自由参加なので、強制されない点も安心です。

・「トヨタ」というブランドの中で仕事するのは営業活動において助かっている部分があります。会社の安定度は魅力です。

・研修制度がしっかりしています。レンタカー、リースの同期を集めて現場の店長が研修を開くなど、研修の機会があります。上下関係がフランクではありますが、「ダメな事はダメ」と、怒鳴ったり怒ったりではなくちゃんと成長できるように伝えてくれます。

学生へメッセージ

社会人の第一歩の会社になるので、変な先入観を持たないで、色々な企業を見て欲しいです。世の中には名前は通っていないかもしれないけれど小さい会社でも世界に誇れる企業があると思うので、会社の有名・大小で決めるのではなく、色々な会社を見た上で自分に合う企業を見つけて納得して、社会人の第一歩を進んで頂きたいと思います。

私は自身がバイトをして今役立っていることもあるので、バイトをしたり色々な人に会ったりして就活して欲しいです。色々な経験を今からでもしてほしい。1回でも短期間でもいいから、色々な体験をして、その経験を自分のものにして就活に活かして、その後に社会人として活かせることもあると思います。面倒くさがらず、コロナ禍でやりにくいとは思いますが、ネットで検索してみることもできますから。

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの映画:
「プラダを着た悪魔 / LEADERS リーダーズ」
デヴィッド・フランケル監督 / 福澤克雄
「プラダを着た悪魔」
森本:就職先の厳しい環境下で自分をどう成長させるか、「言われたことをただするのではなく、先を見て常に考えて行動する」ことの大変さを感じました。当社はあそこまで厳しくはないですが(笑)最後は自分のしたいことを選ぶ主人公も好きで面白いので是非見て頂けたらと思います。

「LEADERS リーダーズ」
森本:トヨタグループに就職を考えている方は絶対に見た方がいい映画です!トヨタがどうして車を作ろうと思ったのか、作るまでにどんな困難があったのか、私もこれを見て勉強しました(笑)
この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事