仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

お二人が学生だったころ

お二人の学生時代について教えてください。どのような学生生活を送られていましたか?

高校時代からやっていたアーチェリーを大学でも部活として続けました。あまり強くないチームだったのですが、結果1部リーグに上がりました。そのアーチェリーの活動が生活の中心でしたね。
バイトは測量事務所で、土地の面積を測ったり土地の境界線を測ったりする仕事をして、時給が良くて長年続けました。

外国語学部で英語の勉強をしていました。アメリカ英語に興味があったのとフットボールやゴスペルに興味があったので、提携しているアメリカの大学に留学しました。外国人の知人や友人ができ世界が広がりました。また、中学時代に熱中していたソフトボールのサークルでの活動をしていました。

そういった経験が社会人になって活かされたという実感はありますか?

納期に間に合わせるために数日残業が続く時もありました。体育会系の部活でずっと絞られてきた経験があるので、メンタル・体力的にも基礎があり、なんとか乗り越えられたと思いますね。

上下関係の厳しい部活での経験は、社会人になっても活かせました。英語の勉強は新卒で入社したホテルで、また留学や接客のアルバイトはお客様と接する・改善方法を考えるといった事で活かせています。

学生時代にやっておけばよかったと思うことはありますか?

大学が田舎にあったので学生はほとんど下宿で近所に住んでいて、同じメンバーでゲームをしたりしていました。その時間を、もう少し対外的な交流やボランティア、旅行に行くなど学生のうちにしかできない事に回しておけばよかったかなと思います。

今思えば、資格取得等に貪欲に挑戦しておけばよかったと思います。知らない分野に触れてみるとか、色んな人と話して知った資格を将来の仕事に関係なくても挑戦してみてもよかったですね。

お二人のキャリアについて

就職の際の企業選びの軸は何でしたか?

地元滋賀の企業と、全国区の上場企業を受けました。経済商学部出身なので、特に業界の縛りはなくアパレル・建設業など拘りなく色々受けました。その意味では特に軸はありませんでしたね。最初は住宅メーカーに就職しました。

英語を活かしたいという思いがありました。バイト先の先輩に勧められて航空業界に興味を持ち、お客様相手に英語を使う業界という事で、航空関係のホテルに就職しました。

就活生時代の後悔などはありますか?

ちょうどバブルが弾ける頃の就活でしたが、リーマンショック程ではなかったので、10社くらい受けて数社から内定を頂きました。大企業から中小企業まで幅広く受け、「どこか受かるだろう」とおおらかに構えていた為か、早くに内定を頂くことができ、特に後悔はありません。
「自分を見てもらおう」という姿勢で、ダメなら自分の責任だからと考えていた為かプレッシャーは特に感じませんでした。

家族からは公務員を勧められていたのですが、私は接客業をしてみたかったし、学んだことを活かしたかったのでホテル勤務を選択しました。親を安心させるためにも聞いた事のある名前の会社や公務員等に目が向いていましたが、学生時代には知らなくても、すごい会社、おもしろい会社、輝く会社はたくさんあるので、広い視野で就活してもよかったかも知れません。

転職を経て御社に入社される前後のキャリアについて教えてください。

最初の住宅メーカーで営業を7年していました。全国展開の会社なので転勤があり、滋賀に戻れる保証はないことと、子供が小学校に入学するタイミングで滋賀に戻る決意をしました。
現在の会社には営業経験を買われて入社し、16年ほどパソコンソフト・情報システムの営業を経て、3年前総務に異動し採用・経理を担当しています。

前職からICT業界にきた決め手は何ですか?

1番の理由は家から通えることでした(笑)。前の会社は「定年までいようと思うな。どんどんスキルアップして転職していってください」という会社だったので、定年までいることが目標ではなかったというのもあります。
住宅業界は土日が仕事で、お客様との面談が夜スタートというのが普通でしたから、ワークライフバランスを考え、業界を変えてみたかったのです。ちょうど募集があり、これまでの営業経験を活かせると考え、決めました。

ホテル勤務では大変な部分も多かったですがとても楽しく成長につながりました。ただ、実家に戻ることとなり、今度は週末休みで自宅から通いやすい会社を探していたところ当社の求人を見つけました。コンピュータの経験が乏しく不安もありましたが、面接で出会った皆さんがにこやかに接してくださった事と、新しいことに挑戦したかった事やこれからのニーズを考え選びました。

今までで一番困難を感じた壁などはありましたか?

前の住宅会社では壁が崩れたなどのトラブルはありましたが(笑)、当社は比較的堅い仕事をしているので楽しく仕事しています。小さな山はありますが、こなしていくうちに平気になります。個人的に特に困難を感じた経験はありませんね。

何かあっても何とかなるかな、と思っています。色々しなければいけない事項が重なると、嫌だなぁと思うことはありますが、周りに頼りながら進められ、とてつもない困難というのではないですね。

貴社の魅力ベスト3

・ノルマの圧力が無いので、ギスギスしていません。社員間の競争心はありますが、目標に向かって頑張ろうという気持ちが強く仲が良いです。社員自らがスキルを高めていく方針なので、ある意味自由とも言えます。

・人をすごく大事にしてくれる会社です。現在の会長がお寺の方というのもあるかもしれませんが、良いお話が聞けて、居心地がいいです。最近では離職率も非常に低いです。

・お客様は全国区です。滋賀が本社の小さな会社ですが、すべての都道府県にお客様がいて、しっかりと向き合っています。自社商品を持っていて、提案をしてシステムを入れて頂いた後もサポートをしていくので、お客様との関係は密です。営業も技術者もお客様と直接お話しして生の声をキャッチしています。

社長は弊社の仕事は「価値を売る」ことだと言っています。「サービスによってお客様にもっと楽に仕事をして頂ける価値を提供している」、その自信をもって社員はやっています。

貴社の求める学生像

素直でポジティブな方がいいですね。技術は入社後に身に着けて成長すればいいので、素直に人の話を聞けることが大切だと思います。元気に明るく、協調して仕事ができるか、弊社のカラーに合うか、を見させて頂いています。

同じ業界の他社と比較して御社の強みは何でしょう?

弊社はお客様の業務を改善するソフトを取り扱っているBtoBの仕事をしています。得意な業界があり、特に保育業界、水処理業界、環境系、ケーブルテレビ局などのコアな部分に強みがあります。弊社は「小さくても強い会社」を狙っているのです。
例えば保育支援システムは、保育園の先生が日中の記録や保護者への連絡・市に提出する書類などを今までは手書きでしていた業務を、タブレット端末に入力するようにしてデジタル化を図りました。これだと先生は日中に入力出来ますし、コピーする部分・保存しておく部分も明確で、無駄を省き先生の負担を軽減し、子供と向き合う時間を増やすことができると好評を頂いています。全国で急激に利用者が増えていて、保育士さんの離職を防ぐことに貢献できればと思っています。

ミマクルを見ている学生へのメッセージ

コロナで不安の日々だと思います。選考も企業選びもネットで見ていくので、見方も難しく、自分の知っている分野以外は探しにくいですよね。企業とどう出会うかが難しい。そんな時は「興味のない分野も行ってみる」ことで、やはり興味のある分野に行きたいのだとわかる事も大事だし、意外と違う分野が合うかもしれません。狭く考えずに、広く受けて段々絞っていく方が良いのでは、と思います。

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの本:
「世界に出ても負けない子に育てる」
玉井満代著
下の子が幼いので、最近読んでいる本です。親のメンタルを変えるのに役立っています(笑)。この本もそうなのですが、自分では手に取らない、人から勧められた本ってためになる事が多いですね。
この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事