仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > ソフトウェア・通信

紺谷さんが学生だった頃

どのような大学生活を過ごしていましたか?

大学の運営サークルのようなところに入り、文化祭の運営や外部講師を招いての講演会を主催していました。アルバイトは塾で、試験監督や採点、保護者対応の電話受付もしました。

学生時代にやっておいて良かったことは何ですか?

アルバイトの電話受付では、言葉遣いなど指摘されていたので、社会人になってすぐに活かすことができました。就活時にも役立ちましたね。

紺谷さんが就活生だった頃

就活の軸は何でしたか?

「私が私らしく働けるところ」が軸でした。私ははっきりと意見を言う方なので、従来の企業のイメージのように「上司の言うことは絶対」ではなく、自分の思ったことを素直に上司に話せて、上司はそれを汲み取り意見を変えたり私が方針を変えたり、そういったことができる環境を探しました。

その軸のきっかけは何ですか?

地元の官公庁に短期のインターンシップに行った時です。働いている方から、「思っていることを言えない」という話を聞いて、私は「言いたいと思った時に言いたいことを言いたい」と思ったのがきっかけですね。

就活の際どのような会社を見ていましたか?

業種・業界を絞らずに見ていました。自分らしくあればどこでも働けると思っていたので。どこの会社に入っても勉強することはいっぱいある。それなら自分の知っている得意な事に限らず、色んなことを学ぶ気持ちで会社を選ぼうと、色々な会社の話を聞きました。生保、車のディーラー、弊社の親会社、本棚の卸会社…、多岐にわたる業種・業界から話を聞きました。
社会でいいとされる企業と自分に合う企業は違うのかな、とも思いました。人からうらやましがられる企業に就職した人が辞めてしまっていたり、入社後にどうなるかは、自分次第なんだと感じましたね。

再春館システムを選んだ理由を教えてください!

プログラミングはほぼ未経験で、視野の外だったのですが(笑)。合同説明会に行った時、まだ残り時間があるのに弊社の人事部が帰り支度をされていて、興味を持ちました(笑)その後単独の説明会に出てみて面接に行きました。初めての面接だったのに、「慣れていそうだから、志望動機を言ってもらったら、あとはお喋りしましょうか」と言われて。抱いていた就活のイメージの形をどんどん崩していく会社だったのです(笑)。この会社なら自分らしく意見を言えるかもしれない、と思いました。そんな自由な気風に惹かれたので、入社を決めました。

貴社の魅力ベスト3

1 自分が自分らしく輝ける会社

言いたいことが上司に伝わり、会社自体に反映されるので、自分が会社を作っている気持ちになります。

2 安定性

大きな会社のグループ会社ということで、安定感があり、安心して会社を作っていけます。

3 働く人がとても面白い。

面白い人が多いので、楽しく仕事ができます。面白い人が入社しても浮かないので安心です(笑)。

貴社に合う学生像

弊社は今から新しいビジネスをいっぱい立ち上げようとしているので、一緒に盛り上げてくれそうな人がいいですね。弊社は文理不問、技術やスキルは入社してから勉強すれば大丈夫と考えていますから、謙虚さ、素直さ、わかるまで聞くぞという貪欲さがあれば、大丈夫です!
(管理本部人事労務部 今井 敏昭さん)

一緒に楽しく働ける人に来て欲しいです!文系出身の私も楽しく働いてるので、尻込みする人も一度話を聞いてもらえると嬉しいです。

ミマクルを使う学生へのメッセージ

自分自身の持っていない魅力を見つめる良いきっかけだと思うので、自分自身を見つめて最も合う会社を見つけて、楽しく働いて欲しいです。

就活生が初めて企業側の人間と接するのは、きっと会社の人事担当の方だと思います。人事担当者からその会社がどういう会社かというイメージを得る訳です。人事の方が楽しそうに仕事の話をしていたり、会社の雰囲気を雑談混じりに、ありのままに伝えていたりしたら、それはきっと本当の企業の姿を表現していると思います。人事担当の方とのコミュニケーションも会社選びの一つの判断材料にしてみるといいと思います。
(管理本部人事労務部 今井 敏昭さん)

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの映画:
「プラダを着た悪魔」
デヴィッド・フランケル
最初はいやいや働く会社でスタートしますが、どんどん輝いていき、働くことの楽しさ・大変さが鮮明に描かれている映画です。主人公が働く軸を見つけていく話でもあるので、就活生が軸を見直すのに良いのではないでしょうか。
この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事