仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

酒匂さんが大学生だった頃

大学生の時どんな学生生活をされていましたか?

大学のときは2年までサッカー部に所属していて、3年に上がるタイミングで、大学でしかできないことをやろうと考え退部しました。そこから、アルバイトや旅行に行ったり、積極的に交流の範囲を広げたりと多くの人に関わって、見識を広げていきました。ちなみにサッカーをしていた時のポジションはフォワードでした(笑)

サッカー一筋の生活が嫌になってきたのですか?

そういうわけではないです(笑)
小学生から続けてきて、大学に入るタイミングで「今しかできないこと」をしたいという思いから、「何でもいいから一番になったら辞めよう」とは考えていました。
そしたらラッキー(?)なことに大学1年生の頃から試合に出してもらえて、所属していたリーグで得点王になったことから、そのタイミングで辞めようと考えましたが、大学側からの残ってほしいという思いに押され、2年の最後までは残る決意をしました。ですから掲げていた目標が達成したため、最終的には辞める決断をしたということになりますね。

学生時代の経験で社会人になってから活きていることはありますか?

大学生の時は社会人の今と比べて時間はあるのに、お金がそんなになかったんですよね。
そのため毎日どこかに遊びに行ったりアクティブに動くことができるわけではなく、家で過ごすことも多かったんですが、その生活で一番感じたのは「暇は怖い」ということです(笑)。これまでは部活動を通してチームや仲間に必要とされる実感がありましたが、辞めてからは誰にも何も任されていない日々が退屈だなと思いました。それにより社会人になってから、誰かに必要とされるために仕事をするといったモチベーションになっているかなとは感じています。

大学生の時にやったほうがよかったことはありますか?

結構好き勝手やってきたので特にないですね(笑)
でも採用担当という仕事を任されてからは、色々な会社を見ておいた方がよかったなとは思いますね。様々な会社と繋がるうえでも知識が必要だったり、他社から改善のヒントを得たりすることも多いので、大学生のうちにいろんな企業を見て何からでも学ぶ姿勢を持っておくと、より良くなったかなという感じです。

酒匂さんが就活生だった頃

就職活動での軸を教えてください!

一番は成長できる環境に入りたいということでした。そのため若い時からどれだけ仕事を任せてもらえるかは注目していましたね。また私は就活生だった頃から人事を希望していました。というのも「どれだけAI化が進んでも会社を創るのは人だ」と感じていたので、そういった意味で会社の根幹を担う部署である人事部はやりがいを感じるだろうなと思っていたからです。また学生時代に様々なセミナーや先輩から「学生は福利厚生で入社して、人間関係で辞めることが多い」とよく聞いていたので、働いている人がリスペクトできるか、一緒に働きたいと思えるかどうかも重視していましたね。

キャリアを進んでいく上で成長の先にある目標を教えてください。

人事部門のスペシャリストです。入社時から人事として働いていて、もう4年になります。ただ一つの専門領域しか任せられないようだと会社への貢献度、市場価値ともに低いと思いますので、次は人事部門全ての仕事を任せてもらえるよう成長していきたいと考えています。

人事部門で会社をどうしていきたいか思いはありますか?

日本一社員が成長し、自己実現できる会社の人事として、会社を変えていきたいと思っています。役割として優秀な人財を自分が採用していくことはもちろんですが、個人の力で会社を動かしていける環境がありますので、自分自身がリーダーシップを発揮して、100年先も輝き続ける企業の基盤を作っていきたいです。

えがおホールディングスに入ったきっかけを教えてください

自分が就職活動で持っていた軸のすべてに当てはまっていたことです。軸は2つあり、1つ目は成長できる環境であること。これは入社前から社員の方々から聞いたり、自分が選考時に関わった社員を見ているとすごく輝いているなと感じていました。2つ目は会社として成長ややりがいを持って働ける支援が手厚くあることです。福利厚生など頑張る社員をサポートして頂ける環境があることも魅力でしたね。しかし今では支えてもらっている分、成果で恩返しをしていきたい気持ちが強いです。

えがおに入社されてから「えがお」を体感したエピソードを教えてください!

えがおはお客様の笑顔を追求することを軸に、会社として社会貢献活動に力を入れています。そのためえがおに関わる全ての人達を幸せにしたいという想いでボランティアや海外への学校寄贈、マラソン大会のスポンサーなど様々な面でお客様に寄り添った取り組みをしている点は「えがお」を感じていますね。

(就活生に向けて)貴社の魅力

1 日本だけでなく世界中の幸せの根幹を担う仕事

健康食品ビジネスは人類の未来を担う仕事だと思います。日本だけ見ても現在少子高齢化が進み、高齢者人口が増えてきたことで年々健康に対してのニーズは高まっています。ほかにも世界的に食物の栄養価の低下なども問題視される中で、健康食品を通して健康という人間の土台の部分を支えるというこの仕事は、今後の世界でより多くの人を支え、影響を与えることができると考えています。そのような市場のため競争は激しいですが、その中で業界NO.1を目指していきたいですね。

2 日本一お客様に喜ばれる会社になる。

えがおでは「日本一お客様に喜ばれる会社になる」というビジョンを会社で掲げています。その一例としてコールセンターでは注文数のノルマがありません。目の前の数字を追いかけ自分のノルマを達成するために売ったとしても、お客様に必要な商品でなければ会社、お客様共にwin-winではないという考えがあるためです。また常に主語は「お客様」であり、全社員がお客様に喜ばれる対応をするために議論し、サービスをお届けしています。

3 一流の人間教育、社員全員が成長できる会社へ

「日本一成長できる会社」を目指しているので、若手社員から任せてもらえる環境があります。もちろん性別や年齢による昇進スピードの差などもありませんので、純粋に成果を出した人財を評価する制度があります。またえがおの社員としてどのように行動するべきかなどの人として大切なことも学び、実践する環境はえがおならではだと感じますね。ほかにも社内にカフェ、居酒屋、ジムがあり色々な方とコミュニケーションを取りながら、且つ健康面に気遣って仕事ができるのもありがたいですね。

貴社に合いそうな学生像(こんな人に入社して欲しい!)

主体性があって変わることに抵抗がない学生が魅力的に感じます。これからAI化が進んだりして言われたことだけを遂行していく人は淘汰されると思います。「ビジネスマンとして成長し、社会に価値を生み出せる人財になる」などの想いを持って、自ら主体的に行動できる学生を一番求めています。

ミマクルを使う学生へのメッセージ

コロナによる影響で、企業が様々な媒体で採用情報発信することが増えています。そういった現代だからこそ、学生の皆さんには興味を持っていない企業であっても多くの情報に触れてほしいです。そしてただ多くの企業の採用サイト見るだけでなく、最後は直接足を運んだり、自分の目で見たものを信じて自分の進むべき道を決断して欲しいですね。

この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事