仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

山城さんが大学生だった頃

どのような学生生活を過ごしていましたか?

私は沖縄県出身で県内の大学に進学しました。幼い頃から英語に興味があり、3年生の時に休学して1年間アメリカに留学しました。
またアルバイトでは、学生時代こそ色々な職種を見る機会だと考え、1年ごとに異なる職種にチャレンジしていました。例えばファストフード店、家庭教師、レンタルショップ、沖縄では有名なケーキ屋等です。
その中でも人と接することが好きだった為、接客業を選びました。

大学生活で1番印象に残っていることは何ですか?

留学での生活は濃い1年間でした。最初は英語に自信がなく、言いたいことが言えず悩みました。授業では、発言しないと「何も考えていない」ように解釈されることも。そんな中英語の先生に相談した際に、2つ選択肢を頂きました。「スムーズに授業を受けられるように、1クラスレベルを下げる。もしくは、今のクラスに留まると下位かもしれないが、上位の人を追いかけて成長する。どっちがいい?」と。そこで、何のために来たのだろうと考え、「今のクラスで頑張ります。」と返事をし、その際にスイッチが入ったと感じます。
留学してから2・3か月目の時でしたね。それからは友人が増え、イベントやセミナー、交流会など積極的に参加し、授業でも「発言」ができるようになりました。帰国後、大学で授業を受けた際に、自分自身の授業での姿勢への変化を感じ、周りもこれまでの私とは何か違うという事を感じたようでした。

大学生活で得た経験が社会人になってから活かされていますか?

学生はインプットする事が多いですが、社会人は学んできた事をアウトプットする方が多いです。例えばミーティングでは自分の意見を発信する必要がありますし、お客様から意見や提案を求められる事も多々あります。留学前は、何かあれば周囲に頼るばかりでしたが、留学中には物事を自分自身で考えて決めたり、答えを導かないといけない事が多かった為、立ち止まって考えるという癖を身に着ける事が出来ました。その考える癖が今アウトプットする際に活かす事ができていると感じます。

ウェディング業務の中で、留学経験が活かせたと感じたことはありますか?

私は昨年人事に移るまで、リゾートウェディングの挙式を担当していました。沖縄という場所柄、お客様は東アジア圏の香港・台湾・上海のお客様も多く、結婚式当日の通訳やコミュニケーションの面で特に活かせていたと思います。

山城さんが就活生だった頃

キャリアについて意識し始めたのはいつ頃ですか?

帰国したのが大学3年生の9月でした。同じ英語科の人は卒業後留学したり、教師になったりで、あまり就活する人がいなくて…、私が実際に動き出したのは12月頃からだったと思います。

キャリアを考える際の軸は何でしたか?

まずは、接客業である事。直接お客様の反応が感じられ、接する人が多ければ多いほど自分の学びが大きいと考えました。
次に英語を活かせる事、そして沖縄に貢献できる事の3つの軸で考えていました。その為、沖縄の魅力を世界中に発信しながら、幅広いお客様とお話ができるという点で考え、最初は航空業界、ホテル業界、旅行業界を見ていました。

ブライダル業界、その中でも沖縄ワタベウエディングを選ばれた理由は何でしたか?

様々な合同説明会に参加していた中で、沖縄ワタベウェディングのブースに出会いました。人事や社員の方が笑顔で楽しそうに話す姿がとてもかっこよく魅力的でした。そこで詳しくお話を聞いてみると、想定外の業界でしたが、自分の軸、いやそれ以上にマッチしていると感じました。
そこからブライダル業界を少し見るようになりましたが、見ている内に自分の中で一番重要な軸にたどり着きました。「何をしたいか」より「誰と働くか」。
この先輩方と働く事ができれば、私は絶対に成長できる!と思い、最終的に沖縄ワタベウェディングを選びました。ブライダル業界を受けたのは、この1社だけでした。その為、業界や仕事内容で決めたというよりは、沖縄ワタベウェディングという会社に惚れたという感じです♪

(就活生に向けて)貴社の魅力ベスト3

とにかく元気!

元気で明るく、仕事を楽しんでいる人が多いです。社長(小岸さん)の口癖は、「楽しくなければ、やったところで知れたもの」です。人の幸せを創りあげるには、まず自分自身が楽しく、幸せであること。弊社で活躍している人は主体的で、モチベーション高く仕事を楽しみながら働いているなと感じます。

研修制度が充実!

研修では内定者の時から、同期同士で何か1つのイベントを企画しやり遂げる研修を行ったり、1ヶ月の新入社員研修(ちなみに今年は山登りもしました笑)。2年目には後輩をもち指導するためのエルダー研修、その他リーダー研修や技術者研修など、各ステージに合わせて成長できる制度があります。

チャレンジできる機会が多い!

弊社には様々なグループ会社があり、切磋琢磨しながらスキルアップを目指す為、積極的に人材交流を行っています。一番ホットな人材交流は「ジョブチャレンジ制度」です。視野を広げ自分自身の成長のために手を挙げた社員は、県外・海外にあるグループ会社の施設にて2週間~1年ほど研修に行くことができます。その他入社2、3年目社員からプロジェクトが発足されたり、多くのチャンスがあります。何より、チャレンジする機会を待つだけでなく、自分から創り出そうとする社員の姿勢も魅力的です。

貴社に合いそうな学生像(こんな人に入社して欲しい!)

元気で明るい人!

元気で明るいと、一緒に働いていて楽しい!と思います。その明るさが周りの空気を創り、より強いチームにしてくれると思います♪

現状不満足な人!

沖縄NO.1を目指している為、現状に満足せず積極的にチャレンジしながら成長できる人は魅力的ですね。

主体性のある人!

時代の変化によって新しい価値観がどんどん生まれる業界だからこそ、自分自身で考え自走できる人は活躍できると思います!

ミマクルを使う学生へのメッセージ

就活は、自己分析や企業研究など大変な事も多いかと思います。ですが、今まで生きてきた自分の人生を一旦棚卸し、これからの人生をどこで誰とどのように楽しむのか考える事ができるのは、この時しかないと思います!

ぜひ、様々な企業や社会人と出会い、沢山お話してみて下さい♪ 入社後は社内の人とお話する機会は多いですが、社外の人からお話を聞く機会は限られています。また、コロナ禍で情報収集が難しいかと思います。セミナーやイベントがあれば積極的に参加し、気になる事はその場で質問してみて下さい♪ 勇気がいる事かもしれませんが、このような時だからこそ、ただ参加して他の人と同じ情報量をもらうのではなく、自分自身で情報収集をする機会を創ってみるといいかもしれません! そして時には息抜きも必要ですよ! 休憩しながら、楽しみながら自分の将来を考えてみて下さいね(^^) 応援しています♪

貴社を一言で表すと?

「人の人生」に寄り添う会社

私達は、お客様の人生、自分自身の人生、会社の人生のステージ創りをしています。

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの本:
「本:夢をかなえるゾウ / 映画:グリーンマイル」
水野 敬也著 / スティーブン・キング原作
「夢をかなえるゾウ」: 小説なので大変読みやすく、楽しみながら人生観を考える事ができます。 「グリーンマイル」: 好きな作家であるスティーヴン・キング原作の映画です。皆さんが知っている映画は多いと思います。内容は重いかもしれませんが、色々と考えられる作品です。一生に一度は見てほしいですね☆
この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事