仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

齋藤さんが大学生だった頃

大学生の時はなにをされていましたか?

高校卒業後、武蔵野美術大学に入学し、油絵学科に所属していました。2年生までは油絵や版画などアナログでの表現をしていました。しかし、段々と自分が苦手とするデジタルでの表現手法を身に付けたいという考えが大きくなり、3年時に映像学科に編入しました。その後、3DCGを学び始め、その傍ら実写映画の撮影で録音機材をいじる生活を送っていました。大学生活では、美大の中で学べるものをたくさん経験できるよう意識して行動していました。

なぜ美術系の学校に進学されたのですか?

昔から消しゴムはんこを作るのが好きで、自分でいうのもなんですが日本でトップレベルで上手く作れる自信がありました。その腕試しをしたいということもあって美大を受けました。

学業以外でやっていたことはありますか?

なるべく人と関わっていくように意識した事です。例えば、美大での作品作りは自分1人で解決できない場合がほとんどですので、みんな常に人手を欲しています。そういった人達からの頼まれ事を「めんどくさい」という理由では断らないようにしていました。頼まれた事を一旦やってみるという点は癖がついているため、社会人になってからも、学生時代の経験が活きているなと感じます。だから大学生活において、技術的な面より、内面的な部分は社会人になっても活かせています。

大学時代にやっておけばよかったことはありますか?

技術的なことにはなりますが、デジタルでイラストや漫画だったり、シナリオを勉強しておけばよかったです。

齋藤さんが就活生だった頃

就職活動ではどういった軸で動きましたか?

卒業制作で3DCGを使っていたので、会社選びの軸としてもその技術を少しは活かすことができ、スキル的にも社会人としても経験を得られる会社を希望してました。それ以外には社員の方達の人柄をかなり重視していました。自分と人柄が合わない会社に入っても長続きしないと思っていたので、選考の過程で一回でも違和感を覚える人に出会った場合は辞退していました。

Septeni Ad Creativeに入ったきっかけを教えてください

ViViViTというデザイナーに特化したマッチングサイトでポートフォリオを公開していました。それがきっかけでSepteni Ad Creativeより声がかかり、説明会・選考を通して「ここの会社合いそうだな」と直感的に感じました。最終的にこの会社を選んだ理由としては、「人」です(笑)

現在どのような仕事をされていますか?

メインの仕事は動画広告と静止画広告の制作ですので、フォトショップを使用したバナー制作やアフターエフェクトでの動画制作をしています。時々3DCGも使用します。

御社は今北海道と東京にオフィスがあると思うのですが、齋藤さんはどちらで働かれているのですか?

私は今、東京で働いています。もし東京配属じゃなかったら辞退していたかもしれません(笑)。というのも茨城に畑の土地を借りていたので畑にも通える範囲で働きたかったからです。実は、就活生時代にあまり就職活動を頑張ることができなくて、卒業制作と同時に土地を借りて、きゅうりやサツマイモを育てることに専念していました。ちなみにサツマイモが一番育てやすかったです。

ご自身のどういったところが評価されて入社ができたと考えていますか?

弊社では挑戦や積極的な行動を大切にしているのですが、美大での活動、消しゴムはんこ作り、畑や投資に対する行動力等を評価していただいたと聞いたことがあります。

(就活生に向けて)貴社の魅力

成長環境がある事

月に1日、勤務時間内に自分の好きなことを勉強できる「5%ルール」という制度があります。その他にも教育制度があるのですが、人の成長を考えてくれていると感じます。

貴社に合いそうな学生像(こんな人に入社して欲しい!)

私たちの会社は挑戦すること、仕事を楽しむことを大切にしています。自分がやりたいと感じたことに対して積極的に行動し、挑戦できる人、またそういった行動を楽しめる人は合っていると思います。また、仕事だけではなくて、見たものを観察して、分解して考えられる人がいいと思います。

ミマクルを使う学生へのメッセージ

就職活動ありきで人生を歩まないで欲しいです。そもそも、自分の人生・自分の成長において、就職活動をする必要があるのかないのかをよく考えてください。その上で、就職活動をする必要があるのであれば、周りが言う事を全て信じるのではなく、自分の目で色んな会社を確かめて就職活動をしてください。

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの本:
「なし」
本は全然読まなくて、論文を読むことが多いです。一般に販売されている本はあまり好きじゃないんです(笑)。ネットに掲載されている論文を沢山読むようにしています。
この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事