仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > ソフトウェア・通信

小川さんが大学生だった頃

小川さんはどんな学生生活を送っていましたか?

学部は生活科学部で、企業のCSRの研究・提案を主にしていました。サークルには所属していなく、国際系の学生団体に所属し、学生団体同士のプラットフォームをつくり、新入生にどういった学生団体があるのかを紹介するイベントを企画する仕事を主にしていました。大学のゼミでは、哲学ゼミに所属していていました。

大学生の頃やっていて良かった経験はありますか?

イベントを企画したこと、また広告会社で1年間インターンをしたことは社会でも役立っていると実感します。自分が何が好きになるのか分からなかったので、視野を広げてとにかく色々に挑戦していました。

小川さんが就活生だった頃

就活の軸は何でしたか? またどのように就活の軸を決めていましたか?

「自分の名前でお金が稼げること」です。自分の名前で仕事ができるようになりたく、自分の名前でお金が稼げて仕事ができるというのは、どのような環境でもブランディングができる広告業界だと思ったので、広告業界で1年間インターンをしました。しかし実際には、広告業界は男女関係なくハードな現場・環境で自分に合わないと感じました。
そこから、自分のスキルで自分の名前で仕事ができる職種の選択肢としてエンジニアだと思ったことや、IT業界は今後伸びていく業界だと思っていたのでIT業界を志望しました。

IT企業の中でもアクロホールディングスを選んだきっかけは何ですか?

上下関係がなく風通しの良い印象をもったからです。また年齢関係なく自分のやりたいことを意見することができる環境でもありました。ここであれば、自分でキャリアを積んで自分でやりたいことを考えられる会社だと思い入社を決意しました。実際に入社してからもギャップはなく風通しの良い会社です。
また、アクロホールディングスは親会社でアクログループは拠点が多く、働く場所も選ぶことが出来ます。エンジニアとして自分のスキルを積み、場所に関係なく仕事ができるというころも良いと思いました。

就活生が御社を選ぶ理由はなんだと思いますか?

インターンから来ている人は、社風や社員の人柄が一番だという方が多いです。また、そういうところを感じて欲しいなと思っているのでそこを言われることは嬉しいです!
業務範囲が広いので自分で選択することや後々別の業務内容に変えることができる、職種そのものも変更できることも就活生に選ばれる部分だと思います。

社員にはどういった方が多い印象ですか?

約45%程度が20代の社員で構成されており、明るい人が多い印象です。社内イベントなどでも盛り上がる方が多いですが、仕事になると真摯に取り組むといったように切り替えることができる人が多いです。ただ若い社員だけでなく、年輩の方も一緒に盛り上がれるような明るく優しい方が多いです。

(就活生に向けて)貴社の魅力ベスト3

①各グループ会社の社員のやりたいことを会社全体で支援するボトムアップの環境が整っています。これは他のIT業界の会社にはない魅力の一つです。

②キャリアプランを自由に選択ができることです。エンジニアであっても営業やwebデザイナーに変更が出来ます。

③若い人が多いので、若手にチャンスが多いというところです。入社4年目でプロジェクトリーダーを任されてる人もいます!

貴社に合いそうな学生像(こんな人に入社して欲しい!)

IT業界、エンジニアは1人で作業すると思われがちですが、実はチームでプロジェクトを組んで動くことが多いので、コミュニケーションを大事にできて、「相手のことを大事にしつつも自分のことも大事にできる人」が良いです。またITスキルは入社してからも身につけることができるので、尚且つIT業界が好きな人・興味がある人を求めています。

ミマクルを使う学生へのメッセージ

現在コロナウイルスの中で、オンライン環境など就活において難しさ等あると思いますが、就活はどれだけ準備してきたかが重要だと思います。その上で企業の方に熱意を伝えていくことが大切だと思いますので環境に負けず頑張ってほしいと思います!

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの本:
「20歳の時に知っておきたかったこと-スタンフォード大学集中講義」
ティナ・シーリング著
大学2年生の時に読んだのですが、「20代の時に読んでよかった」と思っているのでオススメです。新しい目で世界を見つめることの大切さに気付かれますよ。 
この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事