仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

リーフラスは、子どもたちの「ココロに体力を。」というコンセプトのもと、2001年に子ども向けスポーツスクールをスタートした企業である。現在は、サッカー・野球・バスケットボール・空手・剣道・陸上・テニス・バレーボールなど10種目のスクールを展開するほか、小学校体育授業支援・中学校運動部活動支援・障害者アスリート支援・高齢者の健康寿命延伸支援やプロスポーツとの連携にも着手している。今回は、新卒で入社し、指導者として子ども達に携わっている野中さんにお話を伺った。

野中さんが大学生だった頃

部活動に没頭した学生時代

学生時代はどのように過ごしていましたか?

熊本大学の教育学部生涯福祉過程でスポーツを学んでました。陸上部に所属しており、日曜日を除く週6日間は部活動に没頭し、勉強と部活動に明け暮れていました。

部活動を通して、学んだ事はありますか?

意見を言えない人の意見を導き出す為の能力も必要だという事です。2年生の終わりから3年生にかけて、幹部として活動していました。毎週幹部が集まって、様々な議題を話し合うのですが、当時の私は意見が言えないならそれまでの意見なんだ、と決め付けていました。しかし、意見を言えない人には言えない理由があり、言えるように導き出してあげる能力が幹部としては求められていました。

学生時代にやっていて良かった事を教えてください。

学科の科長がNPO法人の理事長をされている方だったので、よくボランティアに参加していました。子供にスキーを教えてあげたり、無人島に5日間行ったり、お祭りに参加したりと貴重な経験ができました。当時、子ども達と触れ合う事が好きではなかったのですが、その経験を通して、子ども達と触れ合う事の楽しさに気付く事ができました。

学生時代にやっておけば良かった事はありますか?

勉強です。学科の勉強は好きで前向きに取り組んでいたのですが、経営学や経済学など、別の学科の勉強をしておけば、視野を広げることができたのでは、と思います。

野中さんが就活生だった頃

子どものスポーツスクールで国内会員数No.1の企業で働く理由

就職活動の軸を教えてください。

大学生の時に熊本地震で被災したこともあり、人を助ける仕事・人に携わる仕事をしたいという想いから、消防士を目指していました。しかし、二次試験で落ちてしまいました。
そこで、スポーツ学科に所属し、部活動に取り組んでいた事もあり、「人に携わる仕事」という軸に加え、「スポーツに関係がある仕事」を軸に就職活動を再開しました。

リーフラスに決めたきっかけを教えてください。

私は陸上を小学1年生から大学まで16年間続けてきたのですが、それは、信頼できる魅力的な指導者がいたからです。今度は私が指導者となり、子ども達にとって恵まれた環境を創ってあげたいと思うようになりました。
その中で、リーフラスは「子どものスポーツスクールで国内会員数No.1」という実績があります。一位というのはその分野で一つしかありません。一位であると言うことは、その業界において、お客様からも働く社員からも確固たる信頼がないと得られません。リーフラスであれば、より多くの子ども達に携わりながら、指導者としても成長できると想い、リーフラスに決めました。
また、ボランティア経験を通して、子どもに携わる事の楽しさに気付いた事や、陸上部として、子どもに陸上を教える事もしていたので、働くイメージが湧きやすかったからです。

学生時代の経験が生かされていることはありますか?

今は子ども達に野球を教えているのですが、部活動で学んだ、意見を言えない人の意見を導き出す力が生かされています。昔だったら、なんで言えないんだとか、なんでできないんだと決め付けていましたが、子ども達に寄り添って、できない理由を一緒になって考えられる事ができています。

リーフラスで働くやりがいを教えてください。

子ども達の成長を目の前で感じる事ができるのは勿論ですが、できなかったことができるようになった瞬間を見られる事が一番やりがいを感じます。

(就活生に向けて)貴社の魅力ベスト3

① 誰も否定しない

支店長であろうと、立場に関係なく、意見が言える環境があります。また、やりたいことがあれば、実現する為の方法を一緒に考えてくれる気概のある上司が沢山います。

② 働いている人の事を考えてくれる

私の場合は、大分出身で家庭の事情もあり、大分で働ける企業を探していました。なので、大分で働けなかったら辞退しますと人事に直談判しました(笑)結果、大分勤務で働かせてもらうことができ、今でも本当に感謝しています。

③ 仕事が楽しい

毎日子ども達と触れ合えるからこそ、毎日エネルギーをもらえます。勿論きつい事もありますが、良い疲れ方ができます(笑)

貴社に合う学生像(こんな人に入社して欲しい!)

人の意見を聞ける謙虚さがある学生です。弊社には、誰かの成功事例や、逆に悩みがあれば、社歴関係なく意見交換ができる謙虚な社員が沢山います。

ミマクルを使う学生へのメッセージ

好き嫌い関係なく、様々なことにチャレンジしてみると良いかもしれません。その中でやりたいことが見つかってくると思うので、自分のキャリアを探し出してください。

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの本:
「THINK BETTR うまくいっている人の考え方」
ジェリー・ミンチントン 著
弊社では、自己肯定感など非認知能力を子供達に教えています。うまくいっている人は自己肯定感が高いです。自分を認める力を養って欲しいです。
この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事