仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

4クラウド、ビッグデータ、IoT、AI…などのデジタル技術が急激に変化し、私生活はもちろんビジネス上の利便性・効率性を高めています。このようなデジタル技術を用いた破壊的変革はデジタル トランスフォーメーション(DX)と呼ばれています。そんな中、株式会社EVERRISEは、マーケティング領域に特化したシステム開発とプラットフォーム提供を行っており、アドテクと呼ばれるインターネット広告に関する技術に黎明期から携わっている会社です。今回は、株式会社EVERRISEの代表取締役である倉田宏昌さんにお話を伺いました。ポジティブな考えを持つ倉田さんから、ピンチの時の対処法や起業したい学生にアドバイスをお話しして頂きました。

会社概要

株式会社EVERRISEは、「DXをテクノロジーで加速させ、人が輝く未来をつくる」というミッションを掲げる、2006年に設立された会社です。社員のおよそ7割が、エンジニアであり、技術力を強みに攻めのデジタル トランスフォーメーション(DX)を推進しています。主にマーケティングプラットフォーム事業、システムインテグレーション事業、HR事業を行っています。

マーケティングプラットフォーム事業では、大量トランザクション処理(ハイトラフィック)、大量データ処理(ビッグデータ)、さらに高可用性を実現するテクノロジーを扱い、企業が持つデータをビジネスの武器に変えるための自社サービスを提供しています。

システムインテグレーション事業では、広告主、メディア企業、代理店に向けて、デジタルマーケティングの企画コンサルティングからシステムの構築~保守運用までを提供しています。

HR事業では、フリーエンジニア紹介、DXを担うエンジニア人材を育てる教育事業もスタートしました。

自社サービス

・CDP(カスタマーデータプラットフォーム)「INTEGRAL-CORE」

・マーケティングETLツール「HARBEST」

・プライベートADServer「ADmiral」

・社内コミュニケーションツール「Goodjob!」

倉田さんの起業のきっかけ

起業をしたきっかけは何ですか?

<もっと喜ばれる仕事がしたい!>
22歳の時にアルバイトでソフトウェアの会社に入社し、その会社で27歳の時に取締役に抜擢されました。しかし、近くで経営を見ているうちに、自分ならばこの様にしたいという想いが強くなり、起業を決意しました。その自分ならばこうしたいという想いから、『お客様に喜ばれたい。仲間達に喜ばれたい。そして社会に価値ある事を実現したい。』という経営理念が生まれました。

EVERRISEの採用について

蛇の様に聡く、鳩の様に素直

採用で意識しているところはどんなところですか?

一緒に働いていく仲間ですから、人柄をとても大切にしています。人柄というのは、過度に利己的でなく利他の精神も同時に持っているといった点です。勿論、ある程度の野心はあったほうが良いと思いますが、同時に周囲へ貢献する意識が大切です。経営理念にもある通り”喜ばれたい!”と思う人でなければならないと考えています。
しかし、会社は仲良く過ごすことだけを目的とした組織ではありません。仕事は仕事ですから、いかに良い人柄であっても成果を上げる事ができなければ評価が下がり、本人にとってはストレスや不満が溜まる状況に追い込まれてしまいます。その様な状況になると、その人だけでなく、周りの人も不幸になってしまいます。ですから、論理力や理解力といった地頭の良さも重視しています。
このような人柄の良さと地頭の良さのを兼ね備えた人物を採用するように意識しています

気分ではなく意思を持ってポジティブに振る舞える人

どのような方に入社して欲しいですか?

人柄の良さと地頭の良さを兼ね備えている人、と前の質問で答えてしまいましたが、それ以外ではやはりポジティブなエネルギーを発揮できる人と一緒に働きたいと思っています。とくにそのエネルギーを人に与えられる人というのは素晴らしいと感じています。
まだ若いうちは、明るいとか暗いといった性格がまるで一つの性質の様に感じているかもしれません。しかし、大人になるとそれは性格などといった言葉で片づける事はできません。物事をポジティブにとらえる事や、笑顔でいる事、チームを鼓舞したり人にエネルギーを与える事は性質ではなく意思であり、一つのスキル(能力)とみなされます。
仕事をしていると、悔しい思いや苦々しい思いをする事が多々あります。しかも立場が上がれば上がるほど、それは確実に大きくなります。悔しさや怒りや恐れでうまく眠れない日すらもあるでしょう。そのような中でも、気分ではなく意思をもって、人にエネルギーを与えられる人であって欲しいなと思います。

学生へのアドバイス

人と同じ事をするな!自分の頭で考えよう!

学生にアドバイスをお願いします。

人それぞれに能力や性質が異なるので全員に共通するアドバイスはありません。しかし、このメディアを見ている優秀な学生さんに向けてであれば、「人に倣うのではなく、ゼロから自分の頭で考えろ。」とお伝えしたいです。物事を、人がやっているから普通だからということで判断していては、一生普通から抜け出すことは出来ないと思います。民主的に決めるのであればリーダーなど必要ありません。しかし、ビジネスで多数決などをしていては全く成功する事は出来ません。人の意見や世間の空気に流されず、ゼロから自分の頭で考える必要があります。そのために、先ず自分で情報を集める必要があります。しかし情報を集めるだけでは全く不十分です。大切な事は、その情報をもとに想像を膨らませる事なのです。もっと言ってしまえば妄想する事です。妄想で良いのです。この妄想力が普通の人達には足りないと思います。時代を変えるような優れたビジネスリーダーは間違いなく妄想しています。他人の意見に飲まれずに、自分の頭で考え、良いか悪いかを自分で決める覚悟を持ってこそ、初めて優れたビジネスリーダーになれるでしょう。あとは人生をかけ自分の妄想の正しさを証明するのみです。

社長という肩書に満足するな!どれだけの人をHAPPYにしたか自問しよう!

起業したいと考えている学生にアドバイスをお願いします。

野心があることはとても素晴らしいことですが、“社長”や“起業家”という肩書が欲しいだけのニセモノが多いと思います。肩書に満足することなく、何のビジネスをどれほどの規模で行い、どれだけの顧客と社員を幸せにできたかを気にしてほしい。偉そうに語ってしまいましたが私自身もまだまだなので、若い皆さんに負けじと頑張って行きたいと思います!

この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事