仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > ソフトウェア・通信

株式会社Fusicは福岡を拠点に、テクノロジーコンサルティングやWebシステムの開発を中心に事業を展開している。100%自社開発にこだわり、他にはない自由な発想・提案で、顧客の事業の成長に貢献している会社だ。優れた技術力と提案力が評判となり、顧客は九州に留まらない。2017年には優れたビジネスプランと経営手腕で顕著な実績を挙げた企業や今後の成長が期待できる企業を選出する「フクオカベンチャーマーケット(FVM)大賞」で大賞を受賞した。今回は創業者で代表取締役社長の納富さんに話を聞いた。

納富さんが大学生だった頃

どんな大学生活を過ごしましたか?

決して真面目な学生ではありませんでした。軽音サークルに所属し、友達とたくさん遊び、アルバイトばかりしていました。勉強は最低限しかしていませんでしたね(笑)しかし、何も勉強をしていないことへの危機感を感じ、大学4年生の時にはしっかり勉強し大学院に入りました。

大学院は有意義でしたか?

進学して良かったと思います。私は情報系の画像処理の研究をしていました。学士課程までは与えられた課題に取り組み、解き方や答えは明確に提示されますが、修士課程になると、答えのないものに取り組まなければなりません。また、博士課程になると課題も解き方も自分で考えるようになります。それまで学んで来た様々な知識や経験を使って、答えのない問題に取り組めたことはいい経験でした。学問の入口に入れたかもしれない感覚を得たのは貴重な経験だったと思います。

どのようなアルバイトをしていたのですか?

将来IT業界で働くことを考えた時に、それ以外のことを学生のうちにたくさん経験したいと思い、工場での製造ラインや、工事現場での肉体労働、イベント設営、塾講師など様々なバイトに挑戦しました。その中でも一番印象的なのはカフェでのアルバイトでした。接客を重視するお店で色々な来店客と話す機会があり、楽しく働けました。

学生時代の経験で、社会人になってから活かされたと思う経験はありますか?

先ほど述べたカフェでの接客は社会人になってからも活きていると思います。社会人、ましてや社長ともなると、コミュニケーションは非常に重要になってきます。
アルバイトを通して色々なタイプの人と接することができ、コミュニケーション能力は向上したと思います。また、カフェでのラッシュも経験しておいて良かったと思います。飲食店のラッシュ時には、スタッフが足りない状況下で、リアルタイムに物事の優先順位を考えながら、柔軟に処理していく能力が求められます。セオリー通りにはいかない中で、瞬時に判断し的確に行動できるかどうかという難しさ。その経験で柔軟に物事を判断し、素早く処理する能力は鍛えられたと思います。

大学生のうちにやっておけば良かったと思う事はありますか?

もっと勉強しておけば良かったと思います。学問の奥深さをほんの少し感じることはできたかもしれませんが、奥深いところまで学べたわけではなかったからです。それから、無計画な海外旅行をもっとしておけば良かったと思います。何度かバックパッカーのような感じで旅行はしていたのですが、社会人になってからは、時間を気にしない無計画な海外旅行にはさすがに行くことができていません。実際に海外に行き、五感でその地域を感じることは本や映像では体感出来ない特別な経験です。現地の人とコミュニケーションを取り、暮らしを垣間見ることは、自分の世界を広げてくれると思います。内定した学生にも、お金を貸していいからと旅行することをお勧めしています。

納富さんが就活生だった頃

どのような軸で就活をしていましたか?

将来起業すると決めた上で、2つの軸で就活をしていました。ひとつ目の軸は、IT系の仕事がしたいと考えていました。大学・大学院での専攻が情報系であったこともあり、その分野が目まぐるしく発展していて、将来的にも伸びていくと考えていたことも大きかったです。将来の教科書には、今は間違いなく「IT革命」の時代と載るでしょう。IT革命の時代に生まれて、ITに携わらないのは勿体ないと考えていました。ふたつ目の軸は、純粋に人と関わることが好きだったので、コミュニケーションが発生する仕事がしたいと考えていました。それらの2つの軸で考えていた中で、コンサルタントやITエンジニアに興味を持ち、関連する企業を見ていました。

最終的に学生時代に起業されたとのことですが、その経緯を教えて下さい。

業種や職種を絞って就職活動したこともあり受けた企業は5,6社程度でしたが、幸いなことにほぼすべての企業から内定を頂くことができました。しかし、会社に就職するか学生のうちに起業するか、しばらく葛藤しました。最終面接で企業の偉い方と話していても、あまりワクワクすることがなく、自分がそこで働くイメージが沸きませんでした。また、大企業ともなると同期も入社後の社員も多数居て、その中の一人となるわけで、そこに自分がいることの存在意義が見えなくなっていました。自分が入社しないとしても、代わりはいくらでもいるだろうと。それならば、就職するよりも起業をして裁量権を持ってバリバリ働きたいという思いが強くなっていきました。もちろん起業のリスクも考えましたが、「例え失敗したとしても死にはしない!」と、思い切って起業しました。

(就活生に向けて)貴社の魅力ベスト3

①成長機会が多い

成長を求めている人には色々な機会を提供できると思っています。若いうちから裁量権を持って責任のある環境で働く事が出来るのは大きな魅力だと考えています。

②優秀で個性豊かなメンバー

当社ではエンジニアは実力主義であることもあり、優秀な人材が多いと思います。優秀なだけではなく、個性豊かなメンバーが揃っていて刺激を貰える魅力的な環境だと思います。

③福岡に本社がある

IT業界はクリエイティブであることが求められています。大都会で満員電車に揺られ、疲弊しながら出社し、クリエイティブなことをやろうというのは非合理的だと思っています。その点、福岡はそこまで大都会でもなく、飲食、環境、施設などにも恵まれていて、クリエイティブが阻害されることなく仕事が出来ると思います。オンラインの普及により大都市に本拠地があるメリットも薄れていると思うので、福岡にあるというのは大きな魅力だと考えています。

貴社が求める学生像 (こんな人に入社して欲しい!)

好奇心が旺盛な人に入ってもらいたいです。IT業界は成長を続ける業界で、その分変化も早いです。そのため、情報を常にキャッチアップ出来る人が強いと思っており、その原動力となるのが好奇心だと考えています。更に言うと、好奇心を何かしらのアクションに繋げた人はより魅力的です。”やりたい人“より、さらに一歩進んで”やってみた人“を採用したいと考えています。IT系の分野に限らず、社内にも学生時代に自分の興味に向かって挑戦していた社員は多いです。そういう人は入社後もグングン成長していくと思います。

ミマクルを使う学生へのメッセージ

たくさん学んだり、本を読んだり、友達と遊んだり、恋愛したり、旅行したり…様々な体験することで自分の世界を広げてほしいと思います。
またアルバイトやインターンなど働く経験を通じて、社会にどう貢献することが楽しいかも感じてほしいです。自分に合った働く喜びを探すのはキャリアを考える上でもとても有意義だと思います。学生のうちにしか出来ない経験を存分に楽しんでほしいと思います!

余談 | オススメの本・マンガ・映画
オススメの映画:
「グレイテスト・ショーマン(2018)」
マイケル・グレイシー監督
この作品は音楽が凄く好きです。そしてキャラクターに多様性があり、個性がそれぞれ発揮されて、一つの形になっていくところに感動しました。様々な個性と能力を持つ集団が何かをなしていくという点は会社と似た部分があり、学びも多い作品でした。
この人の話が聞きたい

タグ #成長ベンチャー の記事