仮ミラクルラボの概要コピー企業の代表や採用担当者に取材を行い、インタビュー記事を提裁する

頑張る大学生を応援する、
大学生プラットフォームを構築していきます。

株式会社スマートキャンパス
〒163-0630 東京都新宿区
西新宿1-25-1 新宿センタービル30F

ミマクルラボ(MiMakuru Lab) > サービス

株式会社ネットプロテクションズは、Fintech、中でも「決済事業」の領域において、toC、toB両面で新しい仕組みを展開し続けているベンチャー企業です。本日は、人事マネージャーなどを歴任されている河西さんにお話を伺いました。

河西さんが大学生だった頃

目的意識を持たず、遊び呆けた大学生活

どのような学生生活を過ごされていましたか?

サークル活動に注力していました。当時はバスケットボールサークルに所属していたので、サークルのメンバーとバスケしたり、一緒に遊んだり…。いわゆる「意識低い系の学生」でした。元々中高一貫の進学校に進んでおり、「東大か医学部に進学しないと負けだ」という雰囲気の中で生活していました。私自身もそのレールに乗っておけば大丈夫なのかなと、特に目的意識もないまま、なんとなくの努力をしていました。その結果として東大に合格することは出来たのですが、中途半端な考えのまま入学した為、大学生活に熱を持って取り組むことが出来ず、遊び呆けていました。

バスケットボールは昔からずっとされていたんですか?

そうですね。中学生の頃に、関心を抱いて入部したのが始まりです。それなりに熱量を持って取り組んでいたと思います。私の中学校は進学校にしては「バスケ強豪校」という類いで、バスケ経験者が多い部活でした。そのような環境の中で、私自身もレギュラー獲得を目標に努力をしていましたが、うまく行かないことが多かったです。それまでは、勉強でもなんでも「やればできる」と思っていたところがあり、また周りからもその様な評価を貰っていたので、初めて「挫折」みたいな物を味わいました。そこから自分なりに努力をした結果、中・高と少しずつ試合に出られるようになっていき、自分なりの納得感は持てていたのですが、自己成長に目を向けるだけでなく、チームとしての一体感や楽しみをより追求したいと思い、大学進学後もサークルとして活動を続けました。

バスケの経験がご自身の意思決定に貢献した瞬間はありますか?

これが全てではありませんが、大学院進学を決意した時ですかね。私は学部生時代にも就職活動をしていて、大学院進学か社会進出かということを並行して考えていました。その当時は、東大に進学した時と同じようなマインドで「どこかの人気企業に就職すれば成功でしょ」くらいの気持ちで就職活動をしていました。しかしながら、就職活動をしていく中で「それだけでは全然面白みがない、わくわくしない」ということに気づきました。その時に、「今まで全然自分自身のことについて考えて来なかったんだな」という挫折感と「自分のやりたいことにのめり込んでいくこと」の重要性について実感しました。そこを自覚した際に、「今の状態で社会に出たらマズい」というのを直感的に感じて、大学院進学を決意しました。この決断は、領域が違うにしろ、自分のやりたいことにのめり込んでいたバスケの成功体験があったからこそ、その部分との対比で違和感を得ることが出来たと思います。

学生時代にやっておけば良かったと思うことはありますか?

学部の授業を真剣に受けておけば良かったなとは思います。あれだけの時間を勉強に費やせるというのは社会人になると稀有ですので。あとは、学生団体のような、学生ならではのアプローチからの社会活動を経験しておけば、進路を決める上で、もっと早くに自分の視野を広げられていたかも知れないなと思います。

河西さんが入社した頃

「事業インパクト✖️裁量権」を求めた企業選び。

現在の企業を選ばれた動機を教えてください。

端的に言うと「事業インパクト×若手のうちからの裁量権」の絶対値が最も大きい会社だったということです。大学院進学後、自分自身と向き合っていく中で、「自分の頭で生み出した何かしらのアウトプットが社会の変化に繋がる」ことが自身にとって一番やりがいが持てるのではないかという結論に至りました。そうなった時に、この一連のサイクルが、より大きなインパクトで早期から回せる環境に自分の身を置きたいという考えになりました。その考えのもと企業分析を行った結果、今の会社が該当したということです。

入社前後でのギャップはありましたか?

自分が期待していたものに関しては、特に齟齬はなかったです。新卒1年目では、自分が提案した市場調査を1人プロジェクトとして任せてもらえたり、2年目からは新規サービスの立ち上げリーダーを任せて貰えたりしたので。期待していたスピード感や規模感はあったのかなと思います。その上で、どのようにこの類いの組織が機能しているのかという点に関しては、入社前には思考が行き届いていなかった分、大きな学びでした。

転職をせず、御社でのキャリアを選ばれ続けている理由はありますか?

転職を選択する以上に自分がやりたい事を経験させて頂けていると感じているのが大きい理由ですね。今までも新規事業の責任者や人事組織の立ち上げの経験をさせて頂いたり、30歳からは既存の業務と同時並行でエンジニアの勉強を0から学ばせて頂いたりしています。これが転職市場になると、今までの自分の経験に縛られることになるので、今以上に自由にできないかもなと感じています。

貴社が求める学生像 (こんな人に入社して欲しい!)

まず大前提として弊社の組織風土に共感して頂ける方ですね。弊社は価値観の1つとして「win-win思考」を挙げています。全員がフラットな関係性を構築している弊社の組織だからこそ、幹部層だけではなく社員全体が組織・会社の成長を考える必要があります。そのため、「社会・会社・他者への貢献」と「自身の成長・自己実現」を無理なく重ねて考えられる方は、弊社で楽しんで頂くことができると思います。あとは、弊社では「概念的思考力」というように言っておりますが、既存にない新しい仕組みを創ったり、考えたりすることが好きな方もぜひ入社して頂きたいですね。

ミマクルを使う学生へのメッセージ

就活テクニックに逃げず自分自身にしっかりと向き合ってください。キャリアを充実させるためには、内定数よりも結局のところマッチングだと思います。選考を通過させるために自分を偽るような事はせず、自分自身や企業に愚直に向き合い納得いくキャリアを選んでください。

最後に、今後の抱負を教えて頂きたいです。

今後の目標としては、あらゆる領域において、社会のより良い仕組みやモデルを生み出していきたいなと考えています。それを実現するために必要な力のラストピースとして現在エンジニアリングに挑戦しているので、いち早く習得したいなと考えています。

会社概要

「つぎのアタリマエをつくる」という理念のもと成長を続ける会社。

この人の話が聞きたい

タグ タグはまだありません の記事